LINE友だち追加で「開業の手順・チェックリスト」をプレゼント

【成功の秘訣】飲食店が抱える集客の課題は2つ!解決策やおすすめの集客方法を解説

【成功の秘訣】飲食店が抱える集客の課題は2つ!解決策やおすすめの集客方法を解説

「経営を成功させるため、集客における課題を知りたい」
「課題を解決するためには、どんな方法があるの?」
「飲食店の集客を成功させるコツは?」
このようなお悩みを抱えていませんか?

飲食店経営を成功させるためには、お客様を呼び込み、売上を立てることが重要です。
しかし、自店がどのような課題があるのか、分からない方もいると思います。

そこで本記事では、集客に課題を抱えている飲食店経営者に向けて、

  • 解決策
  • おすすめの集客方法

などを紹介します。

「お客様をお店に呼び込み、売上を伸ばしたい」と考えている方は、ぜひご一読ください。

キッチンカーの知識を学びたい方はこちら

月20万円でキッチンカーレンタル
移動販売を始めるなら、キッチンカーレンタルサービスの「ためしてキッチンカー」がおすすめです。
  • 半年間の契約で月額20万円
  • 開業に失敗しないためのサポート
  • 最短納期なら1ヶ月半後にスタート
開業までの手間を減らし、効率よく移動販売の事業をスタートしたいという方は、ぜひ内容をご確認ください!

YouTubeチャンネル「飲食業ライフ」では、フードトラック事業開業までのドキュメンタリー番組や、飲食業オーナーへのインタビューを公開しています!

飲食店が抱える集客の2大課題

飲食店が抱える集客の2大課題

飲食店が抱える集客の課題は、主に以下の2つに分けられます。

  1. 新規顧客を取り込めない
  2. リピーターを獲得できない

「お店がどのような課題を抱えているのか知りたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.新規顧客を取り込めない

飲食店が抱える集客の課題のひとつは、新規顧客を取り込めないことです。
特に、開店したばかりのお店に多い傾向があります。

なお、原因は飲食店によって異なります。
新規顧客を取り込めない理由は、主に以下の通りです。

  • お客様に認知されていない
  • ターゲットと周辺の客層が合っていない
  • 「このお店で食べてみたい」と思われていない

この課題の解決方法は、本記事中の「新規顧客を取り込むための解決策2選」にて解説します。

2.リピーターを獲得できない

飲食店が抱える集客の課題は、リピーターを獲得できないことが挙げられます。

主な原因は、以下の通りです。

  • 「もう1度来たい」と思ってもらえていない
  • お店のことを忘れている

リピーター獲得における課題の解決方法は、本記事中の「リピーターを獲得するための解決策3選」にて解説します。

新規顧客を取り込むための解決策2選

新規顧客を取り込むための解決策

新規顧客を取り込むためには、以下2つの方法を試してみましょう。

  1. 認知度を上げる
  2. 来店の動機を作る

それぞれの解決策について、具体的な方法を交えながら解説します。
「来客数を伸ばしたい」と考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

1.認知度を上げる

新規顧客を取り込むには、自店の認知度を上げましょう。
お客様は、自分が知らないお店には来店しないためです。

認知度を上げるためには、以下の集客方法を試すことをおすすめします。

  • Googleマイビジネス
  • グルメサイト
  • SNS
  • ホームページ
  • デリバリーサービス

各ツールについて、特徴やメリット・デメリットを解説します。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスとは、自店の情報を登録し、Google検索やGoogleマップで情報を表示させられるシステムです。

<メリット>

  • 無料で利用できる
  • データ分析がしやすい
  • 店舗の評価が良ければ、検索上位に表示されやすい

<デメリット>

  • 悪い口コミ・レビューが投稿される可能性がある
  • 定期的に情報を更新する必要がある

Googleマイビジネスを活用すれば、検索されたキーワードや実際に電話をかけてきた人数などが分かります。
データ分析がしやすく、飲食店経営において役立つツールです。

グルメサイト

食べログやぐるなびなどのグルメサイトに登録することで、集客を促せます。

<メリット>

  • 多くのユーザーに認知されやすい
  • お店の口コミ・レビューが集まる
  • ページを見た人数などのデータを確認できる

<デメリット>

  • 手数料や掲載料がかかる
  • 悪い口コミ・レビューが投稿される可能性がある

グルメサイトは利用者が多いことが特徴です。
例えば、ぐるなびの会員数は2,116万人(2021年4月時点)であり、登録することで多数のお客様にお店をアピールできます。

参考:ぐるなび「飲食店情報サイト「ぐるなび」開設25年を迎え、食の総合サービスへと進化

SNS

SNSは、飲食店が集客を行う上で、ぜひとも取り入れたい方法です。

<メリット>

  • ほとんどのサービスが無料で利用できる
  • 拡散力が高く、認知度が上げやすい

<デメリット>

  • 定期的に情報を発信する必要がある
  • アカウントが炎上するリスクがある

SNSの中でも、飲食店と相性が良いサービスがInstagramです。
写真の投稿がメインであるため、料理やお店の雰囲気をアピールしやすいことが特徴です。
SNSを活用した集客方法は「飲食店がSNSで売上・集客につなげる8つのコツ!成功事例や注意点も紹介」をご覧ください。

なお「SNSに関する知識がない」「どんな投稿をすれば良いのか分からない」という方は、運用代行を利用するのがおすすめです。
プロに任せることで、手間や時間をかけることなく効果的な施策が行えます。

>>飲食店向けのSNS(Instagram)運用代行について知りたい方はこちら

ホームページ

自店のホームページを作成し、集客を行うのもひとつの方法です。

<メリット>

  • お店のコンセプトや店内の雰囲気など、詳しい情報を掲載できる
  • 予約にかかる手数料を抑えられる
  • 自店の個性を出せる

<デメリット>

  • 検索上位に出てこないケースが多い
  • 制作を外注する場合、10~50万円程度の費用がかかる

ホームページを作成することで、グルメサイトよりも自店の個性を出せます
ただし、飲食店のホームページは、検索エンジンの検索上位に出てこないケースが多いです。
そのため、SNSやGoogleマイビジネスなど、様々な集客方法と併用すると良いでしょう。

デリバリーサービス

飲食店の認知度を上げるには、Uber Eatsや出前館などのデリバリーサービスの導入も良いでしょう。

<メリット>

  • 遠方のお客様から注文されやすくなる
  • デリバリーサービスに自店の情報を記載でき、認知度向上が期待できる

<デメリット>

  • 手数料がかかる
  • デリバリー用の容器を用意しなければならない

デリバリーサービスには、認知度を上げるだけでなく、売上を伸ばす効果が見込めます

なお、導入する際には、専門業者に依頼するという手段があります。
例えば「Udemae(ウデマエ)」というサービスなら、導入からコンサルティングまでワンストップで任せられます。
「デリバリーサービスを使って売上を伸ばしたい」と考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

>>Udemae(ウデマエ)公式サイトはこちら

2.来店の動機を作る

新規顧客を取り込むには、来店の動機を作りましょう。
お客様がお店は認知しているものの、きっかけがなくて来店に至らない可能性があるためです。

具体的には、キャンペーンを開催したり、期間限定メニューを提供したりするのがおすすめです。
お客様が「お店を利用したい」と思うような動機を作るように意識してみてください。

リピーターを獲得するための解決策3選

リピーターを獲得するための解決策

リピーターを獲得することで、宣伝に必要なコストが減ったり、安定した売上が期待できたりするなどのメリットを得られます。
飲食店経営を成功させるには、重要な要素のひとつです。

本項では、リピーターを獲得するための解決策を紹介します。
主に、以下3点です。

  1. 2回目以降に利用する利点を伝える
  2. お客様とのコンタクトを増やす
  3. 口コミ・レビューに耳を傾ける

「新規顧客は取り込めているが、リピーターが少ない」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.2回目以降に利用する利点を伝える

リピーターを獲得するには、2回目以降に利用する利点を伝えましょう。
お客様がメリットを感じれば、再度来店してくれるためです。

主な方法は、

  • ポイントカードを作る
  • 割引クーポンを渡す

などが挙げられます。
また、リピーター向けのキャンペーンをSNSやホームページなどで発信するのもおすすめです。

2.お客様とのコンタクトを増やす

リピーターを獲得するには、お客様とのコンタクトを増やすよう意識してみてください。
ふとしたときに「もう1回利用しようかな」と思ってもらうためです。

具体的には、メールマガジンやLINEなどでメッセージを送る方法があります。
お客様が興味を持ちそうな、新メニューの提供やお得な情報などを発信すると良いでしょう。

3.口コミ・レビューに耳を傾ける

Googleマイビジネスやグルメサイトに登録している場合は、口コミ・レビューに耳を傾けましょう。
改善点が見つかる可能性があるためです。

例えば「料理の提供が遅い」とレビューに書いてあれば、提供時間を短縮させればいいことが分かります。
このように、お客様からの評価は、自店の課題を明確にしてくれます
そのため、口コミ・レビューには耳を傾けましょう。

【課題解決】飲食店の集客を成功させるためのコツ5選

飲食店の集客を成功させるためのコツ

ただ単にグルメサイトに登録したり、SNSで発信したりしても、お客様は呼び込めません。
集客を行う際には、戦略を練る必要があります。

本項では、飲食店の集客を成功させる方法を紹介します。
主に、以下5点です。

  1. コンセプトを固める
  2. 客層を理解する
  3. 立地から来店するお客様を想定する
  4. ライバル店を視察する
  5. 集客の成果を振り返りやすくする

「集客で失敗したくない」と考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

1.コンセプトを固める

集客をする前に、まずは自店のコンセプトを固めましょう。
コンセプトがぶれると、どのようなお店なのか分からなくなるためです。

強みや魅力を活かせるよう、自店のブランドイメージを固めることをおすすめします。
コンセプトを固めることで、他店との差別化に繋がります。

2.客層を理解する

現時点で、どのようなお客様が来店しているのかを理解しましょう。
客層を知ることで、お店の強みが分かります。

例えば、男性の会社員の来店が多い場合は、

  • 料理のボリュームが男性に丁度よい
  • 注文を受けてから料理提供までの時間が早い

などが評価されていると予想できます。
客層を知ることで、自分では気が付かなかったお店の魅力も明確になるでしょう。

3.立地から来店するお客様を想定する

集客を成功させるには、立地から来店するお客様を想定しましょう。
お店の場所によって、来店しやすいお客様が異なるためです。

例えば、住宅街の場合、主婦層や家族連れが多いことが予想できます。
そのため、以下の施策を行えば、集客が期待できるでしょう。

  • 子供用のイスを用意する
  • 女性向けのメニューを提供する
  • テイクアウトを実施する

このように、立地から想定する客層に合わせて、集客を行うのも戦略のひとつです。

4.ライバル店を調査する

集客成功のためには、ライバル店の調査も重要な要素です。
競合となる飲食店を知ることで、地域の客層やニーズをより理解できるためです。

さらに、ライバル店がどのような集客方法をしているのかも分かります。
真似できそうであれば、自店でも取り入れてみましょう。

5.集客の成果を振り返りやすくする

集客を成功に導くには、成果を振り返りやすくなるよう意識してみてください。
別の方法を試すかどうかの判断がしやすくなるためです。

集客方法はたくさんありますが、実行したからといって、必ずしも上手くいくとは限りません。
思ったように売上が伸びなかった場合は、別の方法を試しましょう。

そのためには、後から集客の成果を振り返りやすくすることがポイントです。
客層や人数、よく頼まれたメニューなど、記録する項目を細かくするのがおすすめです。

ご相談やお問い合わせはこちら

開業の手順と簡単チェックリストを無料で配布中
キッチンカー開業の手順・保健所の営業許可&最終チェックリスト『キッチンカー相談の窓口』では、これからキッチンカーを始めたい人のためにキッチンカー開業の手順・保健所の営業許可&最終チェックリストを「LINE友だち追加」してくれた方全員に無料で配布しております。ぜひご活用ください。